売れ売れ大作戦・・・

ホーム   |   看板   |   のぼりの素材感や色使い   |   のぼりの使い方   |   のれんやのぼり   |   のぼりデザイン   |   ネットショップ   |   配達可のアピール   |   料金の相場   |   のぼり旗業者の対応   |   宣伝ツール   |   組み合わせ方   |   ブランドイメージ   |   設置スペース   |   英語表記のぼり旗   |   のぼりで注意喚起   |   内容にこだわる   |   わかりやすい   |   付属品のこと   |   受験応援のぼり   |   環境への配慮   |   黒系デザイン   |   サイトマップ   |  

のぼりで惹きつける

サステイナブルな製品を使用することが大切

 

製品を購入するときには持続可能性を意識することが大切だと言えます。
最近では様々なことに対してサステイナブルであることが求められていますが、
のぼりを購入するときにもこれを意識しておくことが大事です。

布製品は化学繊維を用いて製造されていることが多いと言えます。
化学繊維は森林を伐採して得ることができた木材を活用したり、
木材と同じく限りある資源である石油を用いたりしてつくられるものです。

つまり、化学繊維が使用された商品を購入すると、木材や石油が
どんどん消費されてしまい、地球の持続可能性が失われてしまうと考えることができます。

持続可能な地球や社会を形成するためには、サステイナブルな素材が
使用された商品を購入することが大事だと分かるはずです。

のぼりの素材を考える

従来はのぼりも化学繊維が用いられたものが多かったと言えますが、
今ではサステイナブルであることを意識して、再生素材が使用されることが増えています。

持続可能性のある地球は、ひとりひとりのちょっとした意識の変化でつくることができるものです。

のぼりを購入するときにも、何となく買うのではなく、持続可能性のある社会に
貢献できるかどうか考えるようにしてください。

再生素材を選んでエコ活動を行おう

最近ではエコへの配慮が行われているのぼりが増えています。
具体的には再生繊維を使用されているものが増えており、
これは使用済みのペットボトルからつくられていることが多いです。

日本ではペットボトルの使用量が非常に多いとされていますが、
これをそのまま廃棄処分する場合は廃棄するためにもエネルギーが必要ですし、
処理する過程で温室効果ガスを生むことになります。

けれども、のぼりに再生繊維を使用することでペットボトルを
そのまま処分することなく有効に使うことができ、無駄なエネルギーを使ったり
温室効果ガスの排出量を減らしたりすることが可能です。

もちろん、化学繊維を使用しないことで限りある資源の消費量を
抑えるという効果を得ることもできます。

まだ知らない人も多いと言えますが、のぼりにも再生素材を活用された製品が
増えているので、購入の際にはエコな商品を選ぶことがおすすめです。

エコなのぼりを使う

再生素材を使用しているのぼりを選ぶ場合でも、幅広いラインナップから
購入するアイテムを選択することができるので、好みや目的に合ったものを
見つけることができます。

地球環境を守るためにも、のぼりを買うときにはエコへの配慮を忘れないようにしてください。