売れ売れ大作戦・・・

ホーム   |   看板   |   のぼりの素材感や色使い   |   のぼりの使い方   |   のれんやのぼり   |   のぼりデザイン   |   ネットショップ   |   配達可のアピール   |   料金の相場   |   のぼり旗業者の対応   |   宣伝ツール   |   組み合わせ方   |   ブランドイメージ   |   設置スペース   |   英語表記のぼり旗   |   のぼりで注意喚起   |   内容にこだわる   |   わかりやすい   |   付属品のこと   |   受験応援のぼり   |   環境への配慮   |   黒系デザイン   |   サイトマップ   |  

のぼりで惹きつける

ポール

やはり目立たなければのぼり旗を設置した意味がありません。

のぼり旗はお店の近くを通る人に対して高い効果を発揮しますので
設置の仕方はとても重要です。単に置いておけばいいというわけではありません。

具体的な数字を上げますと、1.5メートルから3メートルを言われています。
実際、伸縮式のポールはこの範囲に調節できるようになっています。
のぼり旗の最も一般的なサイズは横60センチ縦180センチですが、
これだけの広さがありますとやはり風の影響を受けます。

ポール

台風とまではいかなくても注意が必要です。
そのような注意点がありますのでポールの長さの調節にも気を配る必要があります。

高ければもちろん目立ちますが、通行人にケガをさせては
お店の存続にまで影響することもあります。このようなリスクがありますので
賠償保険に加入することも選択肢のひとつと覚悟するくらいの気持ちが必要です。

のぼり旗は高さが大切ですが、それ以外に本数も重要な意味があります。

つまりのぼり旗がひとつ設置されているよりも複数本設置されているほうが
宣伝効果が高くなることが証明されています。しかも、その間隔までもが
ある程度科学的に示されています。

大きさ

ポールの高さは周りの状況にもよりますので一概にはいえませんが、
道路わきに植えてあります木々やガードレールなどよりも
高くなるようにポールを調節します。

次にボールとボールの間隔ですが、基本は1.8メートルの間隔が
最も見る人にアピールできるといわれています。

このような使い方にも注意を払うことで高い効果を得られます。