売れ売れ大作戦・・・

ホーム   |   看板   |   のぼりの素材感や色使い   |   のぼりの使い方   |   のれんやのぼり   |   のぼりデザイン   |   ネットショップ   |   配達可のアピール   |   料金の相場   |   のぼり旗業者の対応   |   宣伝ツール   |   組み合わせ方   |   ブランドイメージ   |   設置スペース   |   英語表記のぼり旗   |   のぼりで注意喚起   |   内容にこだわる   |   わかりやすい   |   付属品のこと   |   受験応援のぼり   |   環境への配慮   |   黒系デザイン   |   サイトマップ   |  

のぼりで惹きつける

サイズ

のぼり旗を使って宣伝をしていく人が必ず気にしておきたいことの1つがサイズ選びです。

のぼり旗というのは、意外とサイズに種類があるもので
10種類以上はありますので、よく考えて選ぶことが大切です。

サイズの選び方が悪いと、宣伝がスムーズにいかなくなってしまいますので
注意しておきたいところです。

目立たせる

例えば、お店の前に設置するのであれば、卓上タイプの小さいのでは
まともな宣伝ができませんから、1800mm×600mmという通常サイズが良いものです。

もしスペースに余裕がないようであれば、それよりも横幅が短い
スリムなタイプがありますので、それを選択すると良いでしょう。

逆にスペースに余裕があるということであれば、横幅が長いワイドタイプを選べば
インパクトを出せて、集客効果を生みやすいと言えるでしょう。

並べ方を意識する

ちなみに、のぼり旗の中には、ジャンと言われるかなり大きなサイズがありますが、
商店街などお店が密集しているような場所では、とても使えないものです。

ですから、大きければ良いというわけではないわけです。
その場所に合った適切なサイズを選ぶことが大切と言えます。

ちなみに、1つの工夫として、のぼり旗を何本も並べるというものがあります。

これであれば、1本は普通のサイズであっても、派手さが出ますから
集客効果を高められると言えます。

のぼり旗の世界はなかなか奥が深いですから、考え方次第で
色々な宣伝の仕方ができるのが面白いところです。