売れ売れ大作戦・・・

ホーム   |   看板   |   のぼりの素材感や色使い   |   のぼりの使い方   |   のれんやのぼり   |   のぼりデザイン   |   ネットショップ   |   配達可のアピール   |   料金の相場   |   のぼり旗業者の対応   |   宣伝ツール   |   組み合わせ方   |   ブランドイメージ   |   設置スペース   |   英語表記のぼり旗   |   のぼりで注意喚起   |   内容にこだわる   |   わかりやすい   |   付属品のこと   |   受験応援のぼり   |   環境への配慮   |   黒系デザイン   |   サイトマップ   |  

のぼりで惹きつける

オリジナルデザイン

のぼり旗は商品のPRができるだけでなく、そこにあるお店の目印としての効果もあります。

看板の役割もするので、使う色や入れる文言を工夫することで
さまざまな使い方ができる便利なものです。

のぼり旗は既存デザインのものでも、お店のイメージや扱っている
商品に沿っていれば手軽に使えます。

近年は種類も豊富になっているので、既存のものでも使い分けることによって
メリハリも出せます。しかし、どこでも同じになってしまうのがデメリットです。

既製のぼり

他店との差をつけるなら、やはり自社のこだわりで作った
オリジナルデザインが一番ではないでしょうか。
特に他にはない商品をアピールする場合には、
のぼり旗もオリジナルで作ることをおすすめします。

オリジナルデザインにするには、のぼり旗を作る会社と打ち合わせが必要ですが、
メールでやりとりでできるところが多いので時間を取りません。

オリジナルだと入れる言葉も自由にできますが、イラストや写真など
こだわりのデザインを入れられるのもメリットです。

店舗の外観に色を合わせたり、店や会社のイメージカラーで作れば
さらにオリジナル感が強まります。

オリジナルデザイン

始めから全部案を出してくれる場合もありますが、発注者が
ラフで描いたデザインからデータ化してもらえる場合もあります。

どんな物を作るか方向性を伝えることで、そこから他にはないのぼり旗が完成します。
新商品のPRやサービスの紹介など、オリジナルののぼり旗で他者と差をつけましょう。