売れ売れ大作戦・・・

ホーム   |   看板   |   のぼりの素材感や色使い   |   のぼりの使い方   |   のれんやのぼり   |   のぼりデザイン   |   ネットショップ   |   配達可のアピール   |   料金の相場   |   のぼり旗業者の対応   |   宣伝ツール   |   組み合わせ方   |   ブランドイメージ   |   設置スペース   |   英語表記のぼり旗   |   のぼりで注意喚起   |   内容にこだわる   |   わかりやすい   |   付属品のこと   |   受験応援のぼり   |   環境への配慮   |   黒系デザイン   |   サイトマップ   |  

のぼりで惹きつける

使い方

広告や宣伝においてデジタル全盛の今の時代ですが、
アナログでの効果も侮れないものがあります。
それは車で走っているときに見かけることが多いのぼり旗です。

お弁当のぼりラーメン店やお弁当店などの飲食店関係や作業服など
さまざまな業種が活用していますが、共通しているのは
直接お客様に販売しているお店ということです。

これらのお店がのぼり旗を活用している理由は本当に単純ですが、
販売店の近くのお客様に対してのアピール度が高いからにほかなりません。

このようにのぼり旗は宣伝効果が高いですが、使い方を間違えますと
逆効果になることもあります。まず挙げられるのはできるだけ
目立つ必要がありますので、道路に近い場所に設置することが注意点です。

基本的に道路は公共の場所ですのであまりに図々しい置き方は
通行人の反発を招くことになります。

またできるだけ目立たたせるためにはポールを高くすることが必要ですが、
伸縮ポールなどの場合高くしすぎるとポールごとのぼり旗が倒れる危険があります。

ポールの伸縮はともて便利ですが、やりすぎは禁物です。

canwestgas.comのぼり旗のポールと注水台の種類

ひとつ間違えますと通行人にケガをさせることもありますので
土台のほかにもう一か所ロープなどで固定するなどの工夫が必要です。

道路沿い

このようにのぼり旗は宣伝効果がありますが、その効果を
より発揮させるにはメンテナンスも大切です。

たまにかなり古びたのぼり旗をそのまま利用しているお店がありますが、
悪印象を与えることもありますのでお客様目線で点検することが大切です。